ヘルスケア情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

抗原検査キット好調で「一般用検査薬」が約12倍に!「かぜ薬」も売上伸長

株式会社True Data(トゥルーデータ)が、同社の統計データをもとに、ドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2022年11月の売り上げ伸長カテゴリを発表しました。当月ドラッグストアで大きく売り上げを伸ばしたカテゴリは「一般用検査薬」(新型コロナウイルス感染症の一般用抗原検査キットなど)で、前年同月の約12倍を記録。「かぜ薬」、「解熱鎮痛薬」も伸び率ランキングTOP20にランクインしており、新型コロナウイルス感染者数の増加が影響していると考えられます。

2022年11月のポイント

  • ドラッグストアでは、「一般用検査薬」(新型コロナウイルス感染症の一般用抗原検査キットなど)が、前年の約12倍(前年同月比1162.5%)と大きく伸長しました。新型コロナウイルス感染者数が増加していることや、テレビCMにより商品の認知が高まったこと、商品の供給体制が整ったことなどにより売り上げが伸長としたと考えられます。 
  • ドラッグストア、食品スーパーマーケットでかぜ関連商品の売り上げが伸長しました。ドラッグストアでは「かぜ薬」の売り上げが前年同月比28.1%増加し4位に、「解熱鎮痛薬」が同23.1%増加し5位にランクインしています。食品スーパーマーケットでは2位の「解熱鎮痛薬」が同20.1%増加、14位の「かぜ薬」が同10.9%増加しています。 
  • 食品スーパーマーケットのランキング1位は「トマトケチャップ・トマトソース」でした。メーカー各社は11月に来年2月以降の値上げを発表しており、1月に駆け込み需要が起きる可能性があります。 
  • ドラッグストアで当月2位の「サラダ油・天ぷら油」は、当社の購買分析ツール※で確認すると、購買個数が増加したことや、値上げの影響により、前年同月に比べ購買金額が大きくアップしました。「竹輪」も値上げの影響により、購買金額が前年同月に比べ増加し、8位にランクインしています。

※ 購買分析ツールはTrue Data「Dolphin Eye」 




〈2022年11月の集計データについて〉
・数値…小数点以下第二位を四捨五入  
・カテゴリ別伸び率ランキング…生鮮・惣菜カテゴリ及び、カテゴリ名の冒頭に「その他」を含むものを除外し、1店舗あたり200個以上売れているカテゴリを集計
・データ集計期間…2022年11月1日~11月30日
・データ抽出日…2022年12月19日
 
データ出典:True Data
全国ドラッグストア、食品スーパーマーケットのPOSデータをもとに統計化した購買データで集計しています。データには店舗・個人を特定する情報は含まれていません。

PAGE TOP