ヘルスケア情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

日本調剤、テレビを使ったオンライン服薬指導を提供へ

全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤が、JCOMが提供するオンライン診療サービス「J:COMオンライン診療」に対応し、テレビを使ったオンライン服薬指導の提供を開始する。これにより、患者はテレビを使った診療から服薬指導、処方薬の受け取りまでをご自宅で完結することが可能となった。

日本調剤では、地域住民が自宅で簡単に診療・服薬指導を受けられるスマート医療の実現を目的として2021年5月に設立された「地域スマート医療コンソーシアム」に参画し、オンライン診療・オンライン服薬指導の推進・普及に向けた活動を行ってきた。今回、同コンソーシアムで協働するJ:COMの「J:COMオンライン診療」に、オンライン服薬指導機能である「おくすり受け取りサービス」が追加されたことを受け、家庭のテレビを使ったオンライン服薬指導の提供を開始する運びとなった。


〈「J:COMオンライン診療」でのおくすり受け取りサービスの利用イメージ〉


患者は、「J:COMオンライン診療」アプリにて、テレビ画面上で薬局予約、質問票回答、ビデオ通話による処方薬の説明確認、薬局側は、MICIN のオンライン服薬指導サービス「curon(クロン)お薬サポート」にて、予約/質問票の確認、ビデオ通話による服薬指導、決済、処方薬の配送等を行う。

PAGE TOP