ヘルスケア情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

気温変化で「かぜ薬」「カイロ」の売上が伸長

True Data(トゥルーデータ)が、統計データをもとに、ドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2022年10月の売り上げ伸長カテゴリを発表した。記録的に冷え込む日もあり気温の変化が大きかった10月は、「寒暖差疲労」という言葉もメディアで話題になった。当月はドラッグストアで「かぜ薬」や「使い捨てカイロ」、食品スーパーマーケットで「栄養ドリンク」など、寒さ・かぜ関連商品の売上金額が前年同月に比べ伸長した。


2022年10月のポイント

・ドラッグストア、食品スーパーマーケットでかぜ関連商品が売り上げを伸ばしました。10月は上旬に東京都心で88年ぶりの寒さを記録するなど、多くの地方で平年と比べ気温の低い月でした。一方、最高気温が平年より高い日もあり、気温変動の大きさが話題になりました。体調を崩す人も多かったのか、ドラッグストアでは「かぜ薬」が前年同月比28.0%増、食品スーパーマーケットでは「栄養ドリンク」が同17.7%増と売り上げを伸ばしました。

・寒いときに売れる商品が好調に推移しました。食品スーパーマーケットで「お茶漬の素」の売上金額が前年同月に比べ24.2%増、「インスタントシチュー」が同20.7%増でした。ドラッグストアでは「使い捨てカイロ」が前年同月比21.4%増、「リップクリーム」が同11.6%増、「ハンドクリーム」が同9.6%増加し、TOP20にランクインしました。

・食品スーパーマーケットの伸び率ランキング1位は値上げが話題の「サラダ油・天ぷら油」でした。当社の購買分析ツール※で確認すると、平均単価が上昇し、売上個数も前年同月と比べ伸びているため、25.0%増という大きな伸び率を記録しました。

・値上げの影響で猫関連商品の売上金額がアップし、食品スーパーマーケットでは「猫用品・用具」(猫用トイレの砂など)が前年同月比17.2%増、「猫フード」は同11.0%増でした。ドラッグストアでも、「猫フード」は同10.6%増と伸長しています。

※購買分析ツールはTrue Data「Dolphin Eye」 




〈2022年10月の集計データについて〉
・数値…小数点以下第二位を四捨五入  
・カテゴリ別伸び率ランキング…生鮮・惣菜カテゴリ及び、カテゴリ名の冒頭に「その他」を含むものを除外し、1店舗あたり200個以上売れているカテゴリを集計
・データ集計期間…2022年10月1日~10月31日
・データ抽出日…2022年11月21日 
 
データ出典:True Data
全国ドラッグストア、食品スーパーマーケットのPOSデータをもとに統計化した購買データで集計しています。データには店舗・個人を特定する情報は含まれていません。
※プレスリリース掲載の数値はデータ抽出日時点のものです

PAGE TOP