ヘルスケアに特化した情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(運営:ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

「食と健康アワード2022」受賞商品が決定!

第22回JAPANドラッグストアショーで表彰式を開催(8月19日)

一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が主催する「食と健康アワード2022」は、7月に実施した最終選考会を経て、このほど今年度の受賞商品(大賞、準大賞、特別賞、優秀賞)各賞を発表しました。なお大賞・準大賞・特別賞の商品は、東京ビッグサイトで開かれる第22回JAPANドラッグストアショーの初日となる8月19日(金)12時30分より、東6ホールのイベントステージにて表彰式を執り行います。また上記受賞商品に優秀賞を加えた全商品はショーの会期中、東4、5ホール「食と健康ゾーン」に展示をおこないます。Hoitto!編集部は、「食と健康アワード2022」の趣旨に賛同し、先の選考会並びに表彰式に全面的に協力してまいりました。以下に、全受賞商品と「食と健康アワード」の概要を紹介いたします。

【大賞】「まるでタン塩」カモ井食品工業(株)
/健康食品・一般食品部門より

受賞のポイント)――「まるでタン塩」は、おつまみとしての味や栄養価はもちろん、素材に大豆たんぱくを用いた代替え肉である点が、SDGsの観点から魅力的だと評価されました。今回のドラッグストアショーが掲げる、『ドラッグストアが目指す、持続可能な地域と街づくり』というテーマにピッタリだったことが大賞に選ばれた理由です。

【準大賞】「ココラクト」(株)雄飛堂
/保健機能食品部門(機能性表示食品)より

受賞のポイント)――「ココラクト」は、「膣内の調子を整える」という機能を表示した、わが国初の機能性表示食品となります。関東圏で調剤薬局も運営する同社が、患者や顧客の悩みに真摯応え、商品開発に挑んだ姿勢が評価のポイントです。近年注目されているフェムケア市場を牽引していることにも、期待が集まりました。

【準大賞】「糖質をおさえたようかん」(株) 榮太樓總本鋪
/健康食品・一般食品部門より

受賞のポイント)――「糖質を抑えたようかん」は、病気で糖質を気にしている人や、カロリーを気にしている人でも、罪悪感なく食べられるお菓子を作りたい・・・。そうした思いを持った老舗の和菓子メーカーが挑戦した商品となります。日本の食文化を継承しながら、健康と美味しさの両立を目指した商品開発の姿勢が評価されました。

【準大賞】「乳酸菌UREX」帝人(株)
/素材・成分部門より

受賞のポイント)――「乳酸菌UREX」は、繊維商社としても有名な帝人が、ヘルスケア事業を通じて女性の健康維持に寄与したいと本気で考え、長年の研究成果の結晶として開発した素材となります。近年の乳酸菌はしっかりとしたエビデンスを持った素材が市場を牽引していますが、その1つである同商品は、膣内フローラにフォーカスした点で新規性が高く、健全なフェムケア市場を形成してもれるものと期待が寄せられました。

【特別賞】一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会会長賞「血圧サポート」(株)ファンケル
/保健機能食品部門(機能性表示食品)より

受賞のポイント)――「血圧サポート」は、血管の収縮を抑え、高めの血圧を下げる機能が報告されている機能性表示食品です。健康食品はセルフ販売が主流ですが、同商品は昨年に、メーカー・卸・ドラッグストアが三位一体となって、クロスMDの売場を作り、話題になりました。カップラーメンや血圧計と一緒に販売して生活者に気付きを与えるなど、カテゴリーの垣根をこえた売場づくりの成功例として、同商品が選ばれました。

【特別賞】一般財団法人日本ヘルスケア協会会長賞「にゅ〜みん」カルビー(株)
/保健機能食品部門(機能性表示食品)より

受賞のポイント)――「にゅ〜みん」は、クチナシ由来のクロセチンによって、睡眠の質を高め、深い眠りとスッキリした目覚めをサポートする、同社初の機能性表示食品です。寝る直前でも水なし、噛まずに食べることが可能な「可食性フィルム」を採用した斬新さも評価されました。年々高まる睡眠市場における、有力な選択肢になるものと期待されております。

【特別賞】JAPANドラッグストアショー実行委員長賞
「ダイエットサポートチップス 濃厚コンソメ」RIZAP(株)
/健康食品・一般食品部門より

受賞のポイント)――「ダイエットサポートチップス」は、1袋にタンパク質15gが入ったノンフライ大豆チップスです。糖質を6.2gに抑える一方、食物繊維を6.2g含んだ商品設計により、ダイエット中に『食べるべきスナック』を目指しました。普段から体づくりに気を使われている大賀委員長の琴線に触れての受賞です!

【優秀賞】(保健機能食品部門)=順不同

「ブレインアシスト」大木製薬(株)/「アラプラス メンタルケア」SBI アラプロモ(株)/「ルイボスごぼう茶」(株)あじかん/「甘熟 王バナナ コンビ ネーションパック」(株)スミフルジャパン/「2 つの働き カテキン緑茶」(株)伊藤園/「プレミアムケア 粉末スティック」大正製薬(株)/「ぐっすりスッキリ 快眠&腸活!」(株)グラフィコ/「ステビアヘルス イヌリンプラス」日本リコス(株)/「日清MCTオイルHC」日清オイリオグループ(株)/「ぐーぴたっ 豆乳おからビスケット アドバンス シリーズ」(株)ナリス化粧品/「ヴァームスマートフィットウォーター」(株)明治/「クリーム玄米ブラン たんぱく栄養食シリーズ」アサヒグループ食品(株)/「順造選 機能性表示クランベリー100」マルカイコーポレーション(株)/「紅麹コレステヘルプ」小林製薬(株)/「植物発酵エキス配合ドリンク 150種の素材 火の力」(株)生活の木/「ブレンディ!毎日の腸活コーヒー袋140g」味の素AGF(株)/「ひざサポートコラーゲン」キューサイ(株)/「すや睡眠」常盤薬品工業(株)/「iMUSEブランド各種・プラズマ乳酸菌」キリンホールディングス (株)/「AJINOMOTO 健康こめ油 600g」(株)J-オイルミルズ/「鉄プラスコラーゲンウエハース 40枚・鉄分」ハマダコンフェクト(株)/

【優秀賞】(健康食品・一般食品部門)=順不同

「デリッププロテイン クッキー チョコ味」アイリスオーヤマ(株)/「BODYSTAR プロテインスナック」 (株)おやつカンパニー」/「ラカント S」サラヤ(株)/「プラントビーフ ジャーキー」蝶理(株)/「ごろっとグラノーラ糖質 60% オフ まるごと大豆、同チョコナ ッツ」日清シスコ(株)/「フルーティス TM レモネード」(株) Mizkan/「オートミール」日本ケロッグ(合)/「マイサイズ」大塚食品(株)/「内脂ブロッカー粒」山本漢方製薬(株)/「ロイテリ乳酸菌サプリメント」オハヨーバイオテクノロジーズ(株)/「スイーツジュレシリーズ(コラーゲンC、プラセンタC)」アース製薬(株)/「明治メイバランスソフトJelly」(株)明治/「台糖 健康穀物ドリンクシリーズ」otomap(合)/「ロカボファーム プラントベースビスケット」(株)シルビア/「飲める米糠ナチュラル」(株)神明きっちん/「酵母プロテイン」(株)医食同源ドットコム/「クロモジのど飴(2品)」養命酒製造(株)/「C COFFEE」(株)ユーグレナ/「ヤマキ お塩ひかえめめんつゆ500ml」ヤマキ(株)/「お塩控えめの・ほんだし® 6gスティック5本入袋」味の素(株)/「美禅食 ゴマきな粉味」ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)/「腸活ジンジャーシリーズ」今岡製菓(株)

【優秀賞】(素材・成分部門)=順不同

「大⻨ベータグ ルカンエキス 粉、大⻨ポリ フェノールエキ ス粉」(有)伊東精⻨所/「シトラスナリルチン®3 0」ネイチャーライフ(株)/

 

【食と健康アワードの成り立ち】

日本チェーンドラッグストア協会(当時)の初代事務総長だった故・宗像守氏が、「制度化間もない機能性表示食品の市場をドラッグストアで育てて、健康寿命延伸のお役に立ちたい」という考えのものと、前身となる「キノウ食アワード」を2018年に開催したのが始まり。翌年より「食と健康アワード」に名称を変更し、機能性表示食品を含む「保健機能食品」のほか、「健康食品」「一般食品」「素材・成分」を含めた、「食と健康」カテゴリーの市場創造に資する商品群を表彰する内容へと進化させてきた。

【食と健康アワード2022概要】

「キノウ食アワード」から数えて5回目となる今回は特に、コロナ禍の行動変容を反映したプロテイン商品や、SDGsを念頭にした代替肉商品、あるいはフェムケア市場の開拓を目指す商品が目立ち、選考委員の票もこれらに集まる傾向となった。エントリー総数は実に157品。書類による一次選考、選考員7人による最終選考を経て、大賞3品、特別賞3品、準大賞1品、そして優秀賞45品を選出している。

【選考委員】

▽一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会 池野隆光会長(=ウエルシアホールディングス株式会社代表取締役会長、※代理出席=同 石田岳彦理事=ウエルシア薬局株式会社取締役副会長)第22回JAPANドラッグストアショー 大賀崇浩実行委員⻑(株式会社大賀薬局代表取締役社⻑)▽同 櫻井寛副実行委員⻑ (株式会社丸大サクラヰ薬局常務取締役管理本部長兼経営企画部長) ▽一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会 田中浩幸事務総⻑ ▽一般財団法人日本ヘルスケア協会 今⻄信幸会⻑▽大木ヘルスケアホールディングス株式会社 松井秀正代表取締役社長(※代理出席=株式会社大木営業企画本部マーケ&プロダクト事業部プロダクト部 三浦雄三シニアマネージャー)▽国分グループ本社株式会社 ヘルスケア統括部 佐々木誠副部長

【受賞特典】

A.第22回JAPANドラッグストアショー・食と健康ゾーンに受賞商品を陳列(8月19−21の3日間)

B.大賞・準大賞・特別賞・優秀賞の各受賞ロゴを無償で提供(8月上旬)

C.大賞・準大賞・特別賞受賞者を対象として、ショー初日(8 月 19 日)に「食と健康アワード表彰式」を開催

第22回JAPANドラッグストアショー開催概要】

▽主催=一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会▽会期:2022年8月19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日間▽会場:東京ビッグサイト 東展示棟 3・4・5・6ホール▽規模:400社・1,200小間(東3~6ホール合計)▽来場対象:ビジネス関係者、一般来場者、プレス関係者▽来場者数:約12万人(展示会場3日間延べ人数・過去実績)

PAGE TOP