ヘルスケアに特化した情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(運営:ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

トライアル、長崎県初の次世代型買い物カート導入

トライアルホールディングス傘下のトライアルカンパニー(以下、トライアル)が、7月29日に”セルフレジ機能”&”スキャン漏れ防止機能”付き買い物カート(以下、スマートショッピングカート)を導入し、「スーパーセンタートライアル諫早店」をリニューアルオープンする。また、同日に県内大村店・時津店へもスマートショッピングカートが導入される。

※IoT機器の画像はイメージ

スマートストアとは、世界初の小売りに特化した「リテールAIカメラ」や、セルフレジ機能付きの買い物カート「スマートショッピングカート(以下、SSC)」等、トライアルが独自に開発したIoT技術やAI技術を導入し、データの利活用をもとに新しい購買体験を提供したり、効率的な運営を可能にしたりする店舗形態を指す。

トライアルは長崎内に5店舗有しており、諫早店に「次世代型スマートショッピングカート」を75台導入し、最先端スマートストアとしてリニューアルオープン。さらに、大村店・時津店にも導入され、長崎県のリテールDX促進に寄与していく。
今回導入するSSCは、トライアルが展開するカートの中でも最新型のもので、国内で20店舗目の導入。従来のセルフレジ機能だけでなく、”スキャン漏れ防止機能”が搭載されており、来店客がスキャンし忘れた商品がカートのかごに入れられると自動検知し、カート上のタブレットにアラートが表示される、来店客は正しく商品をスキャンしなおすことで買い物を続けることが可能になる。

SSCは現在月間約120万人に利用され、新旧型含め、国内約8,100台の稼働になり、世界一の稼働数を誇る(※トライアル調べ)。今回の導入により、国内82店舗目のスマートストア化を達成し、今後もトライアルはさらなる小売市場の変革を進めていく。SSCは、専用のプリペイドカードをカートに登録の上、付属するスキャナーで来店客自らが商品バーコードを読み取ることで通常のレジでの商品登録や会計の手順を省き、専用ゲートを通過するだけでキャッシュレス会計を済ますことができるのが特徴。

■スーパーセンタートライアル諫早店 概要
開店日  :7月29日(金)
住所   :長崎県諫早市長野町1690番8
取扱商品 :生鮮食品、食品、弁当・惣菜、酒、日用品、他
営業時間 :24時間(年中無休)
電話番号 :0957-35-6600
駐車場  :有
店舗URL :https://www.trial-net.co.jp/shops/123/

PAGE TOP