ヘルスケアに特化した情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

ステルス値上げ、通常の値上げよりブランドやメーカーのイメージ悪い

50代以上は「品質」「味」を求め、20代以下は求めるものが少ない


マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマークが、全国16~79歳男女に「食品値上げのイメージに関する意識調査」を実施し、その結果を11月18日に公開しました。※調査日は2022年8月30日~9月6日。

【調査結果】

原材料価格や物流費の高騰、円安などにの影響を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がる「値上げラッシュ」。食品や日用品を値上げ前に買いだめする駆け込み消費も相次ぐ様子も見受けられます。

そこで、販売価格を上げる値上げと価格を変えずに容量を減らす、いわゆるステルス値上げを比較した際、「食品・ブランド」「製造メーカー」「販売店」のイメージについてどのような違いが生じているのか、また、「チルド・冷凍」「常温」の食品が10%値上がりした際、品目別でみたときに消費者はどのような行動を起こすのか、性別・年代・世帯収入別を比較し、その実態を調査しました。


<トピックス>

・購買時に求めるもの、男女間で「品質」「量」「食べやすさ・使いやすさ」に大きな開きがある
・50代以上は「品質」「味」を求め、20代以下は求めるものが少ない
・値上げで、「今まで通り購入する」層は、年代が上がるにつれて増える傾向がみられる
・値上げで、世帯年収が400万未満の層は「安く買えるお店を探す」「価格が安い代替品に切り替える」ことを検討する傾向
・ステルス値上げ、30代以下の男性は好意的、60代以上の男性は顕著に悪いイメージ
・ステルス値上げ、通常の値上げより「食品・ブランド」「製造メーカー」のイメージが「悪い」と答える傾向が高くなる


<ピックアップ>

■購買時に食品に求めるもの
Q.あなたが食品を購買する時に求めるものを全てお知らせください。(いくつでも)

男女間で、「品質」「量」「食べやすさ・使いやすさ」において大きく差が出ている。年代別では、他の年代に比べ、20代以下は全体的に求めるものが少なく、50代以上は「品質」「味」を求める傾向が高い。

性年代別でみると、40代以下の男性で全体的に求めるものが少ない傾向で、30代女性は「量」「食べやすさ・使いやすさ」、50代以上の女性で「品質」「味」「食べやすさ・使いやすさ」が高くなる傾向。

世帯年収別でみると、300万円未満の層は全体的に求めるものが少なく、1,000~1,500万円未満 で「品質」「ネームバリュー」を求める傾向が高い。働き世代の男性や単身者において、食品に求めるものが少なくなっていると推察。



■食品値上げのイメージ
Q.食品の値上げに伴い、あなたが感じるイメージの変化についてそれぞれお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

性別でみると、全体的に「どちらでもない」と答える割合が女性の方が高い傾向がみられる。

年代別では、年代が上がるごとに印象が「良い」から「悪い」に変化している傾向。

性年代別では、30代以下の男性が他に比べ「良い」印象を持っており、世帯年収別では、1,000万円以上の層が、「良い」印象を持っていることがわかる。









■ステルス値上げのイメージ
Q.ステルス値上げに対し、あなたが感じるイメージの変化についてそれぞれお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)
※ステルス値上げ:商品の価格は据え置いたまま、内容量を減らして販売している商品

通常の値上げに比べ、「どちらでもない」の回答割合が減り、特に食品・ブランドのイメージや製造メーカーのイメージが「悪い」と答える傾向が高くなる。特に60代男性からのイメージが顕著に悪くなる傾向。

一方で、30代以下の男性からは好意的に捉える割合が比較的高くみられる。また、60代男性からイメージが悪くなるのに対し、同じく60代女性は「どちらでもない」の回答割合が高く、「悪い」と答える割合が低かった。









【調査内容】
購買時に食品に求めるもの
値上げの際の購買時の行動(チルド・冷凍)
_豆腐、納豆、コンニャク
_漬物、総菜
_水産練り製品、チルド半製品
_畜肉加工品
_乳製品、豆乳類
_チルドデザート
_飲料(酒類含まない)
_冷凍食品
_アイスクリーム・氷
値上げの際の購買時の行動(常温)
_乾物、めん類
_調味料、甘味料
_即席食品
_缶詰、瓶詰
_パン、もち
_ジャム、スプレッド、プレミックス
_コーヒー、紅茶、緑茶
_菓子
_酒類
_ベビーフード、穀類、その他
食品値上げのイメージ
ステルス値上げのイメージ



【調査概要】
調査名  :食品値上げのイメージに関する意識調査
調査対象者:16-79代男女
      世帯年収回答者
有効回答数:750サンプル
割付   :性年代均等
調査期間 :2022年8月30日(火)~9月6日(火)
調査方法 :Webアンケート
調査機関 :株式会社アスマーク

PAGE TOP