ヘルスケアに特化した情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

小林製薬とルナドクターがフェムテック領域で業務提携

小林製薬株式会社とルナドクター株式会社が、“おりもの”をきっかけとした女性のセルフケア・健康支援のため業務提携を開始した。今後、両社の知見、“おりもの”に関する技術やノウハウを活用しながら、“おりもの”の手軽なセルフチェックシステムを構築し、女性の健康支援に取り組む。

小林製薬は、1988年発売の日本初のおりものシート「サラサーティ」は、恥ずかしくて周りに相談できない、当たり前に我慢してきた悩みに着目して誕生し、30年以上に渡り女性の健康で快適な生活を支えてきた。近年では、ニオイが気になるおりものや膣を洗浄し膣内環境をきれいにする、膣清浄化ジェル「サラサーティClean」を発売するなど、おりもののセルフケアの提案にも取り組んでいる。

ルナドクターは、オンラインでの医療システムの開発など、テクノロジーの力で医療現場の課題解決に取り組むヘルステックカンパニーだ。従来の婦人科系医療は面倒なこと・煩わしいことが多く、女性たちの病気が見過ごされてきたことが課題と捉え、誰もがもっと身近に、もっと気軽に、安心して利用できる婦人科医療システム・サービス・商品の提供に取り組む。2021年12月には婦人科に行かず自宅で簡単におりもの異常を検査できるサービス「FemCHECK(フェムチェック)」の発売を開始している。

PAGE TOP