ヘルスケアに特化した情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(運営:ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

PALTAC、DXを加速するPJTを始動

PALTACが、社内外の連携・協働を高め、DX「デジタル技術を活用した流通全体の生産性革新」に向けた取り組みを加速するプロジェクト組織「DDI(Digital Dynamics Initiative)」を始動した。

DDIとは経営TOPのリーダーシップのもとDX推進の中核を担うため、社内の各部門から公募したメンバーにより構成された全社横断組織。多元的な人財を集約することで、より広く、より早く、より大きな価値を生み出すことかが可能となる。
デジタル技術によって、これまでやり方では、なし得なかった社内外の「モノ」や「人」の間に、新たな 「つながり」を創出することで、サプライチェーン全体の生産性の革新を追求する。

PALTACは、過去から一貫してサプライチェーン全体の最適化・効率化に取り組んできた。現在進行中の中期経営計画においても、メーカーと小売業の販売戦略(本部)と現場(店舗)をつなぐ「PITシステム」や、メーカー・小売業・卸売業の販売戦略をつなぐ「ヴァーチャル展示会」、配送会社の運行計画と卸売業のセンター運営をつなぐ「入荷予約システム」などといった新しいデジタルのつながりを創出し、DXによるサプライチェーンの最適化・効率化を図ってきた。

原材料コストやエネルギー価格の高騰、目前に迫る物流の2024年問題など、サプライチェーンを取り巻く環境は激変しております。この結果、自社の枠を超えたところで、相互に連携・協働しながら流通業界全体の生産性革新に取り組むことが、社会全体のニーズとしてますます高まってきている。PALTACは、本年4月には「DX推進部」を新たに設置するとともに、今後加速するサプライチェーン全体のDXニーズに応えるためにDDIを発足させた。

今後はDDIを中心に『デジタル技術の活用による、流通全体の「つながり」と「生産性」の革新』に向け、自社の枠を超えた協業を積極的に模索し、社外からのニーズに応えることでサプライチェーン全体のDXを加速していく。

PAGE TOP