ヘルスケアに特化した情報サイト「Hoitto! ヘルスケアビジネス」(ヘルスケアワークスデザイン株式会社)

新規事業開発の「成功を実感できていない企業」は7割

株式会社bridgeが、新規事業の創出や組織変革に対するコンサルティングサービスを提供するにあたり、全国の新規事業開発実施企業の正社員に調査を実施した。

従業員規模300名以上の組織の新規事業開発担当者300名に調査をしたところ、約7割の企業が「新規事業開発の成功を実感できていない」と回答。一方、「新規事業が成功している」と回答した企業のうち、74.5%が「新規事業開発から主力事業が生まれている」と回答しました。

本調査の目的

企業における「新規事業が生まれる組織・仕組みづくり」の構築状況を明らかにする。

調査ハイライト

「自社の新規事業開発は成功している」と31.4%が評価。


自社の新規事業で、「将来の主力事業になりそうな事業が生まれている」との評価回答が35.3%


2010年以降の新規事業開発において生まれた事業は、「自社の売上への貢献度が20%未満」という回答が8割


企業規模、成功している/成功していない、にかかわらず新規事業を促進する活動として「新規事業への取組の意義や目的を全社で共有すること(34.3%)」が最も求められている。


bridgeが定義する「新規事業を生む組織の25要素(※)」の取組み状況において、新規事業が「成功している」と回答している企業群の特徴は以下のとおり。



※bridgeが定義する「新規事業を生む組織の25要素」

PAGE TOP